コンフィグ

コンフィグについて

他の mod と同様、config/clayium.cfg の書き換えにより様々な設定が可能

目次


clayium.cfg

entityid

Entity ID を指定するカテゴリ

項目 説明
I:ClayBall 粘土銃の発射する粘土弾の Entity ID
I:TeleportBall テレポートシューターの発射するテレポート弾の Entity ID

integration

他の mod との連携可否を設定するカテゴリ
他MODとの連携を参照のこと。

metalchest

金属チェストの大きさを指定するカテゴリ
金属の種類ごとに指定可能

項目 説明
I:****ChestNumberOfPages ページ数
I:****ChestWidth スロットの列数
I:****ChestHeight スロットの行数

misc

その他雑多な設定を行うカテゴリ

項目 説明
I:ClaySteelPickaxeRange 粘土鋼ツールの採掘範囲 (1x1 からの広がる幅数)
B:EnableAlternativeTileEntityName 代替 Tile Entity Name (古いバージョンで使われていた名前)を使用するか否か
他の mod と被って起動しない場合はこれを false に設定する
B:EnableFluidCapsule false にすると液体カプセル・液体バッファ・液体転移装置を無効にする
B:EnableInstantSync 機械をアイテムなどで右クリックしたときに、クライアント・サーバーで即座に情報を同期するか否か
I:FluidCapsuleCreativeTabMode 液体カプセルのクリエイティブタブ表示設定
0: 表示しない
1: 1000mB のみ(デフォルト)
2: すべて
B:InvertClayLaserRSCondition 粘土レーザー照射のための赤石信号の条件を反転するか否か
I:PacketSendingRate 更新された Tile Entity のサーバーからクライアントにパケットを送信する頻度 (tick 単位)
1 にするといかなる情報も即座に反映されるようになるが
あの超高速輸送の情報を、表示してもいないのに BC のパイプ以上の頻度で同期しようとするため
無線環境などではまず追いつかない量の莫大なパケット転送量になりうる
基本的に見た目に関わる情報はこの設定に関わらず即座に反映されるため、
パケット転送量が気になるなら大きな値にしても大きな問題はない

mode

ゲームモードの設定を行うカテゴリ

項目 説明
B:EnableInjectorRecipeOfInterface インターフェースを CA 注入機でアップグレードできるようにする
B:HardcoreAluminium Tier 6 の素材が不純なアルミニウムに変わるハードコアアルミニウムモードのオンオフ
B:HardcoreOsmium オスミウムチェストなどの素材が不純なオスミウムに変わるハードコアオスミウムモードのオンオフ
S:ProgressionRate ゲームの進行速度の設定
2.0 にすると通常の 2 倍くらいのスピードで発展していくようになる
序盤の粘土鉱石の粘土産出量から粘土製造機の効率までありとあらゆる範囲に影響
B:UtilityMode 殆どのアイテムを無効化する
めんどくさい工業 MOD として振舞うのをやめ、
便利道具 MOD にできるようにするためのスイッチ (未完成)

render

レンダリングの設定を行うカテゴリ

項目 説明
B:CAReactorGlittering 反物質反応炉の輝きを表示するか否か
かなり処理が重いので低スペ PC では false 推奨
I:LaserQuality 粘土レーザーの見た目の質
これも意外に処理が重いので低スペ PC では 2 推奨
I:RenderingRate ブロックの再レンダリング頻度(tick 単位)
搬入出設定や水車・マルチブロック装置の稼動状況などの表示に関わるが、
チャンク全体の再描画にほぼ等しく、小さな値にするべきではない

tier balance

Tier ごとの搬入出の速度や精錬機などの加工機械の加工速度・エネルギー消費率を設定するカテゴリ

worldgen

粘土鉱石の生成に関する設定

項目 説明
I:****OreVeinMaxY 鉱脈の生成される最大 Y 座標
I:****OreVeinMinY 鉱脈の生成される最小 Y 座標
I:****OreVeinNumber 鉱脈の 1 チャンクあたり生成される個数
I:****OreVeinSize 鉱脈の大きさ

  • 最終更新:2016-11-26 07:56:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード