PAN

TODO
  • レシピ登録チュートリアル
  • 複製機の仕様

概要

  • PAN (Pure Antimatter Network) とは、PAN 複製機 (PAN Duplicator) を稼動させるためのネットワークです。
  • PAN 複製機は、登録されたレシピを元に計算されたエネルギーを消費し、アイテムを複製します。
  • レシピの登録・エネルギー計算には PAN コア (PAN Core) と PAN アダプター (PAN Adapter) が必要です。
  • 相応に面倒な要素にはしたつもりですが、ある意味従来の大規模配管を否定するような要素でもあるので、適宜縛るなりして遊んでください。
  • 実験的に導入したもののため、これらの仕様は変更される可能性があります。

目次


基本的な使い方

  • PAN アダプターの隣に作業台(全自動作業台は不可)・かまど(バニラレシピの場合精錬機は不可)・加工機械(マルチブロック装置ならコアブロック)を置き、材料を左のスロットに置くことで対応するレシピが検索されます。レシピが存在する場合は完成品が右のスロットに出現します。
  • 次に PAN アダプターを PAN コアと連結させることで、このようにして検索されたレシピを PAN コアに登録することができます。
  • PAN コアを右クリックするか、しばらく待つことで登録されたレシピからアイテムのコストが計算されます。
  • 最後に PAN コアと PAN 複製機を連結させることで、計算されたコストの登録が完了します。複製できるのは、コスト計算が済んでいるアイテムのみです。

チュートリアル

丸石の複製

とにかく PAN コアの GUI を開けてみると、次のような感じ。
pan_tut_coregui01.png

端的に言うと、これが複製可能なアイテムのリストです。
ただし、背景色が赤いアイテムは複製できません。

というわけで、丸石と不純な金属の粉、そして樫の原木は特に何も行わなくても最初から複製できます

わざわざ PAN を使ってまで複製するものでもないですが、丸石を実際に PAN で複製してみましょう。
PAN コアの隣に PAN 複製機 (PAN Duplicator) を置きます。
pan_tut_placeduplicator01.png

複製機の GUI を開いて、複製元のアイテム (丸石;1 個で OK) と、複製の時に消費される反物質を投入します。
pan_tut_duplicatorgui01.png

タダでは当然動きません。エネルギーの供給も必要です。

PAN コアの GUI を用いることで、アイテム複製に必要なエネルギー量がわかります。
pan_tut_coregui02.png
右側の数値がそれ。つまり丸石 1 個を複製するには 10uCE (=0.00001CE) 用意すればよいことがわかりました。

pan_tut_duplicatorgui02.png
エネルギーを供給してみるとモリモリ複製が始まったはずです。

かまどの複製

とにかく、PAN コアの GUI に表示されているものの複製方法はわかりました。
複製できるものを増やす = PAN コアの表示を増やすには、PAN アダプター (PAN Adapter) を使用します

かまどは作業台で作るもの。
pan_tut_craftingrecipefurnace01.png

だから、PAN でも作業台を使って複製できるようにします。
作業台の隣に PAN アダプターを置きます。
pan_tut_placepanadapter01.png

そして PAN アダプターの GUI を開き、いつもの形に丸石を配置してみると…
pan_tut_guipanadapter01.png
右側に完成品としてかまどが現れます

こうして、この PAN アダプターを PAN コアに繋げると…
pan_tut_placepancable01.png
※ PAN コア・PAN ケーブル・PAN 複製機・PAN アダプターを連結させると、それらが一つのネットワークを形成する

かまどが GUI に増えました。1 回の複製にかかるエネルギーは 180uCE (= 0.00018CE) のようですね。
pan_tut_coregui03.png

複製機での複製もバッチリ。
pan_tut_duplicatorgui03.png

チェストの複製

これで作業台で作れるものが作れるように…なっていません
かまどの代わりにチェストを登録しようとしてみると…
pan_tut_guipanadapter02.png
pan_tut_coregui01.png
ダメでした。チェストが PAN コアの GUI に出てきません。

この GUI のアイテム一覧、実は複製可能なもののリストではありません
正しくは、レシピ登録の材料に使えるもののリストです
上の例でかまどが複製できたのは、かまどの作業台レシピの材料に丸石しか使用しないからだったのです。
チェストが複製したけりゃその材料の木材を登録すればよい、ということになります。

つまり、これで OK
pan_tut_guipanadapter03.png
pan_tut_coregui04.png

このように、中間素材も全て逐一登録しなければなりません

ところで、感覚としてはアイテムを登録、というよりはレシピを登録という方が近いのがわかっていただけたかと思います。
PAN アダプターというのは加工レシピを PAN コアに登録するもの、とお考えください。
登録されたレシピを遡って、最初に登録されている粘土や丸石などにたどり着ければ OK です。

堅焼き粘土の複製

作業台はこれでいいとして、ではかまどのレシピはどうやるのでしょうか。
もう説明不要かと思いますが、作業台ではなくかまどの隣にアダプターを置けば OK です。
pan_tut_guipanadapter04.png

pan_tut_coregui05.png
堅焼き粘土は背景色が赤くないため複製可能です。
ここで、背景色が赤くてもレシピ登録の材料には使えることに注意してください。
今登録したレシピは背景色が赤い粘土ブロックを使用しますが、無事堅焼き粘土が登録されています。

粘土機械の加工レシピ

作業台、かまどの他に、本 MOD オリジナル機械のレシピも参照可能です。
化学反応機の次のレシピを登録してみましょう。
pan_tut_chemicalreactorrecipe01.png

塩と工業用粘土粉 (Industrial Clay Dust) 1 個ずつを 1 tick で加工してクォーツを作成する中盤のレシピです。

まずはレシピの Tier に注意してください。
Tier 8 のレシピのため、クレイウム製かそれ以上の素材で出来た化学反応機を使用しなければなりません。
pan_tut_guipanadapter05.png
※Tier 9 以上の化学反応機が無いので、この機械以外はダメ
※マルチブロックだったら筐体の Tier、粘土反応炉ならレーザー、CA 反応炉ならランクなど
機械の Tier の他にも気にするべき点は存在するのですが、それはここでは解説しません。チュートリアルの後に続く詳細情報をご覧ください。

次に、素材の置き場所に注意してください。
NEI の加工レシピの材料は内側から順に 1, 2, 3, 4 と番号がついています。
pan_tut_chemicalreactorrecipe02.png

PAN アダプターの材料スロットには左上から 1, 2, 3, 4, …と番号がついています。
pan_tut_guipanadapter06.png
材料は対応する番号の場所に置くようにしてください。

コスト計算について

複製エネルギーの計算は単純です。

(材料アイテムの複製エネルギーの総和) + (加工にかかるエネルギー) = (加工後アイテムの複製エネルギー)

※PAN コアで表示される左側の数字は、上の加工にかかるエネルギーが存在しなかった場合のコストです。

具体例を見てみましょう。
この工業用粘土 (Industrial Clay) を粉砕するレシピを登録するとします。
pan_tut_grinderrecipe01.png
工業用粘土 1 個の粉砕エネルギーは 120uCE (=0.00012CE) です。

以下のとおり、工業用粘土 1 個の複製コストは(複製できませんが) 10mCE (=0.01CE) です。
pan_tut_coregui06.png

従って、このレシピを登録すると、
(工業用粘土粉の複製エネルギー) = (材料アイテムの複製エネルギーの総和) + (加工にかかるエネルギー)
= 0.01CE + 0.00012CE = 0.01012CE (=10.12mCE)
となるはずです。
pan_tut_coregui07.png

…さて、ここで注意すべき点があります。
粉砕機、圧縮機、遠心分離機は共通の倍率で、 Tier 5, 6, 10 で稼動効率が変化する性質があります。
(コンフィグで MachineBase_Crafting_*** となっている項で設定可能)
Tier 6 の機械は通常と比べて(初期設定で)クラフト時間を 0.0625 倍にする代わりに、消費 CE/t を 25.0 倍にします。
10uCE/t x 12t のレシピを Tier 6 の粉砕機で加工すると 250uCE/t x 1t = 250uCE と、1 回あたりの加工エネルギー量は増加します。

この影響は PAN のレシピ登録でも現れます。
実際に Tier 6 の粉砕機で登録してみると…
pan_tut_guipanadapter07.png
pan_tut_coregui08.png
なんと複製コストが増加してしまいました

今回の場合は微細な違いでしかないためさほど問題ではありませんが、
レーザーの有無で加工時間が変わる場合など、登録の仕方で大きくコストが変化する場合が存在します。気をつけましょう。


また別の例を見てみましょう。一つ前の項目で用いた化学反応機のこのレシピを使います。
pan_tut_chemicalreactorrecipe01.png

上の例では工業用粘土粉を登録し、その複製エネルギーが 10.12mCE となることを確認しました。
もう片方の材料の塩は最初から登録されているアイテムであり、その複製エネルギーは 5mCE です。
そして今回の例の加工レシピの加工エネルギーは 100CE/t x 1t = 100CE です。
よって、その加工にかかる総エネルギーは 10.12mCE + 5mCE + 100CE = 100.015CE となることが予想されます。

ところが、このレシピの完成品はクォーツの粉いらない子塩化カルシウム2 つがあります。
このような場合、クォーツの粉と塩化カルシウムの両方の複製コストが 100.015CE として計算されます。
※つまり PAN でこの両方を 1 個ずつ複製すると 200.03 CE かかることになり、通常よりも多くのエネルギーが必要になります。
pan_tut_coregui09.png
※下の D ボタンで表示形式を変更できます。また、右上の 3 つのボタンでソートが可能です。


一方、同じアイテムが複数完成する場合は、複製コストをその数で割って計算されます。

樫の原木(複製エネルギー 10uCE)を作業台でクラフトする場合を考えます。
作業台レシピの場合、加工 1 回のエネルギーは 100uCE として計算されます。
したがって、樫の原木の製材レシピは 10uCE + 100uCE = 110uCE となります。
樫の木材は某 G が居なければ 4 つできるため、樫の木材 1 個の複製エネルギーは 110uCE /4 = 27.5uCE として計算されます。

続けてチェストの複製エネルギーを計算すると、
樫の木材 x 8 + 加工エネルギー = 27.5uCE x 8 + 100uCE = 320uCE となるはずです。
計算結果の答え合わせは…このページのどこかにもうありますね。

雑多な情報

  • PAN 複製機はレシピを登録した後、通常通り粘土エネルギーを供給し、反物質と複製したいアイテムを入れることで稼動します。
このとき、材料となるアイテムは消費されませんが、代わりに反物質が消費されます
  • PAN 装置の連結には、PAN ケーブルを用いることができます。ケーブルを用いなくとも、隣り合った PAN 装置は連結されたものとみなされます。
  • PAN 複製機の消費エネルギー (や加工速度) は Rank に依存します。 (消費エネルギー) = 10^((Rank) - 2) CE / t
  • PAN 複製機が参照できるレシピ・コストは PAN コアを右クリックすることで確認することができます。
    左側の数値は材料コスト、右側の数値は加工コストで、PAN 複製機が参照するのは後者です。
  • 粘土・反物質・塩・原木・丸石・不純な金属の粉は最初から PAN コアにコストが登録されています。
  • 粘土・反物質・純反物質は(プレート、粉やパーツ等も含めて) PAN 複製機では複製することができません
    それらで作成されるアイテムは、不可逆なものであれば複製できます。
  • 参照されるレシピの Tier は機械の Tier に依存します。消費エネルギー・加工時間も機械の性能に依存します。
  • 粘土リアクターのレシピ参照時には、PAN アダプターの下のスロットにレーザーを置くことでそれらのレーザーが照射されたものとしてコスト計算がされるようになります。
  • 粘土高炉・粘土リアクター・CA リアクターのレシピは、マルチブロック装置が構成された状態でなければ参照できません。参照されるレシピの Tier も、マルチブロック装置の Tier に依存します。CA リアクターに対しては、純反物質の圧縮度・生成効率も参照されます。

PANで複製可能なものについて

  1. 初めからリストに登録されていて、複製可能なアイテム群 (何もない状態での右クリックで参照できるアイテム群)
    • 丸石
    • 原木 (これは後で変更するかもしれません)
    • 金属分離機で得られる不純な粉各種
  2. 初めからリストに登録されているが、複製不可能なアイテム群
    • (圧縮)粘土ブロック
    • 反物質
  3. 初めからリストに登録されておらず、さらに複製不可能なアイテム群
    • 粘土、高密度粘土、工業用粘土、発展工業用粘土、八重圧縮エネルギー粘土、反物質、(圧縮)純反物質でできた粉、プレート、ブロック等その他パーツで、1. 2. に入っていないもの(粉砕で粉に戻せるもの)

PAN で材料として使えるアイテム = 1. 2. に登録されているアイテムから作業台、かまど、粘土機械のレシピで作成可能なアイテム
PAN で複製可能なアイテム = PAN で材料として使えるアイテムのうち 2. 3. に登録されていないもの

PAN アダプターでのレシピ登録

隣に置く装置により使い方が異なります。

作業台

  • バニラ作業台に PAN アダプターを隣接させ、PAN アダプターの材料スロットに作業台のクラフトレシピの通りに配置することで参照できます。
    • 不定形レシピの場合、順番は問いません。
    • バニラレシピ以外の特殊なレシピの場合、参照できない場合があります。
  • 全自動作業台や、他の MOD の作業台系ブロックに隣接させても認識しません。

かまど

  • バニラかまどに PAN アダプターを隣接させ、PAN アダプターの材料スロットのどれか 1 つに精錬元のアイテムを置くことで参照できます。
  • 本 MOD の精錬機に隣接させた場合は、精錬機特有のレシピのみ参照されます(矢印クリックで表示されるレシピと同等)。 かまどのレシピは登録できません

本 MOD の加工機械

  • 本 MOD の加工機械を隣接させると、その機械のレシピにアクセスできるようになります。
  • PAN アダプターの材料スロットには、 NEI で表示される材料を置いてください。
    • 加工機械のレシピ材料には順番があります
      例えば NEI で表示される材料の内側から順に塩、粘土粉と表示されるレシピであれば、
      PAN アダプターでの指定時には一番左上に塩、その右隣に粘土粉を置いてください。
    • 例えば 8 個の粘土粉が必要なレシピで、4 個の粘土粉を 2 つのスロットにまたがって置いたり、8 個のスロットに粘土粉を 1 つずつ配置したりしてはなりません。
  • マルチブロック装置の場合は指定どおり組み上げたのち、コアブロックに PAN アダプターを接続します。
  • 参照できるレシピの Tier は機械の Tier に依存します。
    • マルチブロック装置の場合は、筐体の Tier によって計算されるレシピ Tier が参照されます。
  • Tier によって消費エネルギーや加工速度が変わる場合、その変化もコスト計算に反映されます。

粘土反応炉 (Clay Reactor)

  • PAN アダプター GUI の下部 9 スロットに粘土レーザーを置くことで、それらを照射したものとみなしてコスト計算を行います。
    • このコスト計算時には、粘土レーザー自身の消費エネルギーも加算されることになります。
    • 白粘土レーザーは使用できません。複製コスト計算時に白レーザーを用いる利点が存在しないことによる意図的な仕様です。

反物質反応炉 (CA Reactor)

正しく構成された反物質反応炉のコアブロックにアダプターを接続します。
生成物や消費エネルギーなどは反応炉のランクやサイズによって変化しますが、レシピ登録時にはそれも反映されます。

なんか認識されないんだけど??

Q&Aより引用

  • Q.加工機械に隣接させた PAN アダプターで、材料をレシピ通りに置いたのに認識しない

A. 加工機械のレシピ材料には順番があります。PAN アダプターでの材料グリッドの配置を入れ替えたりしてみてください
例えば NEI で表示される材料の内側から順に塩、粘土粉と表示されるレシピであれば、
PAN アダプターでの指定時には一番左上に塩、その右隣に粘土粉を置いてください。

  • 参考情報 (掲示板の投稿より引用/2016年11月13日)

PAN の粘土機械レシピ登録の件について。これは内部の加工レシピの実装に由来する問題です。
# これはあまり良い実装ではないのですが、一般的に一度依存してしまった機構を改変するのは困難を伴うものです。
# 以前にこの状況の改善のためにレシピ関係のリファクタリングを行いましたが、このときは精錬機が動かなくなる不具合を招きました。
# 見通しの甘さが原因だといわれればそれまでですが…。

まず、粘土機械の加工レシピは、粘土作業台・金属分離機以外は共通の API を用いて実装されています。
2 種類の材料が必要なレシピで搬入スロットを入れ替えても同じレシピが参照できるのは機械側の実装に由来しており、
この共通レシピ API にその機能はありません。
これは、同じ API で材料スロットの場所に依存したレシピを持つ機械にも対応できるようにするための故意の仕様です。(※1)

PAN の粘土機械レシピはこの API を通してアクセスしているため、各機械に備わっている材料入れ替え機能は参照していません。
そもそも、PAN アダプターには 9 個のスロットがあります。
もし律儀に材料の順番を全て試すとなると 、9 個のスロットが全て埋められた場合には 9! = 362,880 通りの材料パターンについて探索を行わなければなりません。(※2)
レシピの探索はきわめて負荷の重い処理です。なぜなら、登録されているレシピ全てについて条件をチェックしているからです。(※3)
よって、PAN アダプターに材料入れ替え機能を実装するのは論外です。(※4)

材料スロットが 2, 3 個くらいまでの場合のみ材料入れ替え検索を行うという対応も考えられます。
しかし、これはいかなる場合でも材料入れ替えが可能であるという誤解を招きかねません。

実際は実用性の観点から、PAN アダプターによるレシピ探索では材料の空スロットを無視する処理が行われています。
これにより、順番さえ保てばどのスロットに入れてもレシピ参照が可能になります。
ただしこれには空スロットを明示的に含むレシピが参照できなくなる欠点があります。
最初の 1 スロットだけを見る → 最初の 2 スロットだけを見る → … → 全てのスロットを見る
という探索法を行えばこの問題が解決するため、これを採用する場合を考えると材料 2 種の機械のレシピは最初の 2 スロットを使うべきでしょう。

フォーラムトップの Q & A で述べられた回答の理由としては以上になります。長文失礼致しました。

※1 材料の入れ替え可否は、レシピというよりは機械の仕様に依存した性質であるからです。
例えば粘土作業台は諸事情によりこの API には依存していませんが、
同様の機構をこの API で実装するならば材料スロットの順番は入れ替え不可にすべきでしょう。

※2 ちなみに、実際には次のようなレシピ探索を行っているため、これに倣うと9 + 9*8 + 9*8*7 + … + 9! 個の材料パターンについて探索を行わなければなりません。

化学反応機のレシピが A, B → C と D → E の 2 つであるとします。
化学反応機の材料スロットに A, D の 2 つが入れられた場合、次のような順番でレシピの探索を行います。
  1. A, D を材料に持つレシピを探す
  2. 見つからないので、入れ替えた D, A を材料に持つレシピを探す
  3. 見つからないので、A だけを材料に持つレシピを探す
  4. 見つからないので、D だけを材料に持つレシピを探す
  5. D → E というレシピが見つかる
つまり、実際には 2 個ではなく 4 個の条件まで試されることになります。

※3 レシピ探索の負荷に関する補足:

1 tick に 1 回を超える速度でクラフトをする都合上、素朴にはレシピ参照もそれだけの回数行われていることになります。
# Greg 導入下では粉砕機のレシピ数が 4 桁に上ります。以前のバージョンで極端に処理が重くなったのもこれが原因です。
そこで、特に数が多くなりやすい材料が 1 種類のものは、レシピ探索を行わない特別な処理を次のように組み込みました。

パフォーマンスに影響を与えうる機械の多くは単一の種類のアイテムのみを対象にクラフトするため、
材料のスタック数 1 個から 64 個までのクラフト結果をキャッシュし、それを逐次参照します。
当然アイテムの種類が変わったら、キャッシュ結果を破棄します。

ところが、材料が 2 種類のレシピで同じことをすると、64x64 個の結果をキャッシュしなければならなくなるため、
一般の機械で同じ機構を用いることは出来ません。
# なお、これもレシピ API ではなく機械側の実装です。1 tick に 1 回のレシピ参照が必要かどうかは機械に依存しているからです。
# バニラのかまどなどは、材料のスタック数にレシピが依存しないことから、単にキャッシュすればこのようなレシピ参照は必要ありませんし
# 普通の加工機械は 1 tick に 1 回もクラフトしないため、パフォーマンスに大きな影響を与えることはありません

※4 材料の入れ替え可否は、レシピというよりは機械の仕様に依存した性質と上で述べましたが、これもそのひとつの実例です。

  • 最終更新:2016-11-26 05:33:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード